製品・技術の紹介

排ガスモニタリング装置

排ガス浄化装置用モニタリング装置 DOAS CEM for Scrubbers

吸光分析(スペクトル)を利用した浄化装置用排ガスモニタリング装置です。IR/UVにより測定し、受信した分光は光ファイバーケーブルを利用し検光器へ送られます。
DOAS−UV(紫外線) NO, NO2, SO2, NH3, Hg etc.
IR(赤外線) CO, CO2, HCl, HF, H2O etc.
本システムは次の対応が総合的にできるのが特徴です。
  • 船舶環境規制に基づいた排ガスモニタリング(Emission Monitoring)
  • 浄化処理する前の排ガス測定(Raw gas measurements)
  • 排ガス浄化装置Scrubberや脱硫装置SCRなどによる処置前後のプロセスコントロール
*注)DOAS=Differential Optical Absorption Spectroscopy CEM=Continuous Emission Monitoring
ページトップへ
排ガス連続モニタリング装置 Emission Monitoring System

NOx、SO2、及びCO2の連続測定が可能な排ガスモニタリング装置です。ケミルミネセンス(Chemiluminescent)分析手法を採用しており、”MARPOL Annex Y NOx Technical Code”で規定された分析方法に適合しています。
船級(BV)の型式承認を取得。Module B・Module D及びMEDを取得(LRS)。
排ガス連続モニタリング装置
ページトップへ